ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

多くは望まないようにしていました

出産後、夫に手伝ってもらいたいと思ったことはそんなに多くない方だと思います。同年代の子を育てるママ友との話の中では結構みんな旦那さんへあれこれしてもらいたいという話をしていますが、個人的にはあまりそういう夫からの手助けはあまり期待していなかったのですよね。もちろん夫が子育てに協力的であるならありがたいですし、してくれるということはしてもらいたいと思います。

ただ、仕事が忙しくて家に帰ってくるのも遅くて一生懸命働いてくれているのを知っていますから、休みの日くらいゆっくりさせてあげたいですよ。自分も出産後のへろへろの体で、事前に勉強して覚悟しておいたとはいえ、時間を問わず泣いたり夜中にも授乳のために起きたりして疲れやストレスもありましたが、それはそれです。

出産後も家の中が散らかっていても自分で片付けて掃除機をかけたりしてくれてますから、充分かなと思います。確かに彼が子育てに直接関わるようなことは少ないです。そのことについてこちらも苛々している時に言葉がキツクなる時もあって言い合いになる時がありますが、結局相手への思いやりがないと一緒にやっていけませんよね。

正直、自主的にしてくれる彼の食器の洗い方や洗濯ものの畳み方の端が揃っていない感じがいやで、後で自分でやり直したいと思っていらっとしても、彼は厚意でしてくれていることなのだからと文句はなるべく言わないようにしています。生まれ育った環境や考え方の違う他人同士なのだから、違って当たり前なのですよね。ちゃんと真面目に働いて稼いでくれて、出来ることはしてくれるのだからいいのです。あと望みがあるとすれば、偶にはひとりで気ままに買い物でも散歩でも外出をしたいということですが、その辺はもう少し彼の仕事が落ち着いたら言ってみたいと思っています。子どもは可愛いですが、やはり始終一緒にいるというのは精神的に疲れるので、休日は夫に預けて好きなお店をゆっくり見てまわりたいのですよ。

そういいつつも、ひとりで外出したら家に残してきた夫と子どもが気になって落ち着かずに早々に帰宅しそうですけどね。


[PR]
by yamagata_gifu | 2015-01-23 16:31 | 旦那のこと
<< 家事も育児もできる範囲で協力 酷いつわりで苦しんだ妊娠期間 >>