ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

他人と比べてしまう育児

私は2人の子育てを通じて、大変だったと痛感しているのが、しつけや子供の成長です。周りとあまり接触のない0歳児などの時は、毎日、日中は子供と2人っきりで過ごす事も多く、周りの目など気にする事はあまりありませんでした。

それでも、育児本通りにミルクを飲まなかったり、体重が増えなかったりなど不安に思う事は、たくさんです。しかし、我が子は我が子と思い、マイペースに育児を行う事ができる時でもありました。

しかし、2歳3歳と大きくなると同じ年齢の子供と接する機会が増えてきます。そうすると、どうしても周りの子供と比べてしまう自分がいるのです。「A君は、もうはっきり話している。」「Bちゃんは、トイレに行く事ができている」など、我が子劣っているところにばかり目が行き、一人焦っている自分がいるのでした。

そんな事は、大した違いではなく、子供自身の個性。自分の子供にも他の子供より出来る事はたくさんある!とはわかっているのですが、どうしても気になって仕方がないのでした。

その上、姑や親戚などから言われる子供に関しての言葉にも敏感になり、いつしか、我が子を常に周りと比べてしまう自分がいたのでした。

熱を出しぐずる子供を看病する事も、自分の時間を削って育児をする事も、また、寝不足で体調を壊す事も、育児にはたくさんのストレスと心配が付き物です。

しかし、そんな大変な事より、周りの目を気にして育児を行う事の方が一層、大変だと思います。自分が良かれを思っている育児方法を人に注意されたり、しつけができていないと言われたりする方が気になり、本当に子供の為と思って育児を行う事ができない辛さ。

しかし、幼稚園に入り自分の手を少し離れた頃になると育児に対する考え方も少し変わり、随分、気楽に育児を行う事ができるようになりました。育児って、実際、子供が何歳までの事を言うのか分かりませんが、私の中では、中学生になっても育児を行っているつもりです。そんな、長期間続く育児だからこそ、ストレスなく楽しめる事が一番良いと思っています。
[PR]
by yamagata_gifu | 2015-02-12 12:02 | 子育てのこと
<< 育児の最初は胸の痛さとの戦い 精神的に手伝ってほしい >>