ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

妊婦の身体は大変なことばかりです。

私は妊娠前は、妊娠中の体調変化はつわりくらいだと思っていました。
想像通り、妊娠初期はつわりに悩まされました。私は基本的に吐きつわりだったのですが、食欲もあったため吐いて食べての繰り返しで喉から血が出ていました。ほとんど動くことができずに寝たきりです。吐いてしまうものの水分だけは摂っていたので何とか入院には至りませんでしたが、身体全体がだるく重く、常に眠く、気持ち悪いという今まで生きてきて一番辛く、大変な状態でした。

元々偏頭痛があったのですが、つわり中は頭痛もひどかったです。偏頭痛の薬を飲むとすぐに良くなるのですが妊娠中のため飲めません。主治医の先生が妊娠中でも飲める頭痛薬を処方してくださいましたが、あまり効果がなく頭痛による吐き気や肩や首のだるさが常に付きまとっていました。
つわり中は他の症状があったとしても、つわりの方が辛かったので気にならなかったのですが妊娠中期に入ると様々な身体の変化が気になるようになりました。

妊娠期間が冬だったせいもありますが、特に全身の痒みがひどかったです。乾燥に加えて急激に皮膚が伸びることが原因のようです。お風呂上がりには全身に保湿剤を塗っていましたが、それでも寝ている最中に太ももなどの柔らかいところを掻きむしってしまうようで翌朝にはミミズ腫れのように真っ赤になっていました。お風呂に入るとしみてとても痛かったです。普段であれば痒み止めを塗るところですが、赤ちゃんへの影響は塗り薬なら気にしなくて良いと言われましたが、やはり気になって使えませんでした。

妊娠によって二の腕や足の付け根あたりに脂肪がついたせいか、皮膚が擦れることにより黒ずみが出るようになりました。なるべく太らないようには気をつけていましたが、妊娠継続に必要な脂肪がつくだけでもそのような症状が出ることがあるようです。出産後に徐々に消えるようですが、早くキレイになって欲しいと思います。
妊娠後期に入ると急激に赤ちゃんが成長したことにより、食後に吐き気がするようになりました。つわり中ほどの辛さではありませんが、胃が圧迫されているようでこみ上げるような吐き気を感じることがあります。家にいるときは少しずつ食べるようにしていますが、外食の場合は決まった量が出てきてしまうため調節が難しく、後で後悔することが何度もあります。それでも外食に出られるのは今だけなので、体調を見ながら外食を楽しんでいます。
[PR]
by yamagata_gifu | 2015-04-06 22:10 | 妊娠中のこと
<< 妊娠中の貧血には要注意 心がボロボロになった妊娠中 >>