ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

3人ともつわりがつらかった

私自身妊娠は3回経験がありますがいずれの時も初期のつわりが一番つらかったです。第一子を妊娠した時は生理不順でないわたしが1習慣生理が遅れ妊娠5Wにて気持ち悪さですぐのわかりました。とにかく安定期に入るまでは気持ちが悪くて悪くて、私の場合吐きはしないのですが食べていないと気持ち悪くなる所謂食べづわりでした。

第一子の時は初めての経験なのでバストがどんどん大きくなって行くのと常に微熱っぽい感じのだるさと気持ち悪さととにかく眠かったです。妊娠中はとにかく眠いです。お腹の中で赤ちゃんが一生懸命細胞分裂して色々な器官を作り上げてるのをまさに身をもって知るって感覚でした。食べづわりなので食欲は出るのですが初期つわりの時期は食べたいものがコロコロ変わるのとダルさ気持ち悪さで食事の支度が苦痛でした。その時食べたいものでないと食べられない状況でした。朝今日は中華丼にしよう!と思っても昼には中華丼食べられない気持ち悪い、という感じでした。初期つわりの時期で継続して飲みたいと思ったのはグレープフルーツジュースでした。常に常備していないと無理な状態でした。気持ち悪い時に飲むと非常にすっきりしたものでした。

初期のつわりが終わった後も眠気はずっと続きました。不謹慎ですが会社でうとうとしてしまったこともありました。しかしどんなに寝ても眠気はなくなりませんでした。5ヶ月位になるとお腹が大きくなってきて歩きすぎると張ってきて痛くなったり苦しくなったりしていました。第二子の時は上を抱っこしながらだったのであまり歩かなかったのでそれは無かったですがお風呂に入れた後張ってました。第二子を妊娠した時まだ上の授乳中だったのですが乳首が凄く痛く、また母乳の出が悪くなっていて直ぐにミルクに切り替えました。

お腹が大きくなるにつれてなのな子宮に圧迫されるからなのか普段よりもトイレも近くなります。夜中起きたことはなかったのに毎晩一度はトイレに起きていた記憶があります。

あと寝ていると足がつってしまうことも良くありました。お腹が大きいと自分でどう伸ばしたら良いかわからず主人にお願いしていました。

精神的にも少し不安定になり普段より涙脆くなったりイライラしてたり被害妄想的になっていた気がします。よく主人とケンカしていました。

妊娠中は本当に体が自分の物でないような思うように動けない辛さが全体的にあったと思います。妊娠は本当に貴重な体験だったと思います。大切な我が子が産まれるのをまつ十月十日は大変ながらもとても幸せな時間でした。
[PR]
by yamagata_gifu | 2015-04-10 12:11 | 妊娠中のこと
<< 息子の発育が心配です 妊娠中の貧血には要注意 >>