ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

2人目の方がなにかと楽でした

第1子が男の子、第2子が女の子です。女の子も欲しかったので、洗濯物を干す時にピンクやひらひらレースのベビー服が並んだ時は「女の子を産んだんだ!」と実感でき、本当に嬉しかったです。

苦労したことは、やはりつい「上の子の時はこうだったのに…」と比べてしまう事です。よそのお子さんと比べることはもちろん、兄弟とはいえ別人格なのに、出来る事出来ない事や性格の違い(上はおっとりだけど下は頑固など)もつい気にしてしまいました。

どちらかと言うとそれは、赤ちゃんの時期よりもう少し大きくなってからの方が差を強く感じました。

また周りから言われる「お兄ちゃんは~だけど、妹ちゃんは~だね」と何気ない言葉にも敏感になったり私自身傷ついた時期もありました。

とはいえ逆に楽だった事の方が多いです。

やはり第1子で経験している事が多いので、産科で受ける母親教室も後期だけで良かったし、予防接種の時期も理解できるし、保育園の手続きも慣れているし、なにかと手探りだった一人目の事を思えば、色々気持ちに余裕がありました。

ママ友も上の子の時のママ友に加えて、下の子を通してのママ友も出来るので、グンとママ友の輪が広がり、地域の情報(例えば評判の良い小児科はどこかとか、習い事の情報とか、小学校や中学校の状況まで)も良くわかり、ママ友って本当に大事だなぁと思いました。

また、2人目は上の子を良く見て育つとよく言われる通り総じて要領が良いので、我が家でも下の子の方が負けん気が強いし手がかからなかったです。

小学校に上がってからも、上の子が割と下の子の面倒を見てくれたので、学校の宿題とかも親の私が教えるより、兄に教えてもらったほうが妹も素直に言う事を聞いたりするので本当に上の子には色々助けてもらいました。

あとは2人目は確かに甘え上手で可愛いのですが、2人目を上手く育てるのには意外と上の子のケアも大事だなぁと特に思っています。

我が家でも妹が生まれた時、兄も本当に喜んでくれたのですが、やっぱり赤ちゃん返りというか寂しそうにしている時もあったので、時々は実家に赤ちゃんを預けて兄と私で2人きりでお出かけしたり、夫に大きい公園など遠出に連れて行ってもらったりして、「あなたも大事な存在なのよ」と思ってもらえるよう努力しました。
[PR]
by yamagata_gifu | 2015-05-20 15:07 | 2人目
<< 主人がその気にならない 産後月に1回風邪を引く >>