ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

ベビーカー嫌いの娘

8ヶ月の娘を育てているママです。「子供が嫌いになりそう」と思う瞬間はずばり、ベビーカーに乗せると泣きわめかれる時です。最近までおとなしくベビーカーに乗っていた娘ですが、ハイハイができ、つかまり立ちができ、と急激に成長を遂げる中で、どういうわけか極度のベビーカー嫌いになってしまいました。それも、直前までおとなしく乗っていたかと思えば、急に火がついたように泣きわめき、だっこするまでいくらでも泣き続けるのでたちが悪いです。

f0298357_15191475.jpg


先日、電車でショッピングモールに買い物に行った際も、最初はうとうとしながら機嫌良くベビーカーに乗っていた娘。しかし、次第に雲行きがあやしくなり号泣しはじめました。周囲には大勢のお客さん。泣いていると「どうしたの?」とか「暑いのかな?」「だっこしてほしいんじゃない」とかこれまたよく声をかけられるんですよね。そのプレッシャーに耐えられず、仕方なく一度ベルトを外し娘をだっこ。すると娘、何事もなかったかのようににまーっと笑うではありませんか。


しかし、千手観音でもない限り、娘を抱いたまま、ベビーカーを押し、買い物かごを持って買い物をし、なんて芸当はできません。仕方なく娘のかんしゃくが落ち着いたところでベビーカーに戻そうとすると、その気配を感じただけでわーんとまた泣き声。「あらあらあら」と心配そうにのぞきこむ周囲のお買い物中のおばさまたち。これじゃいつまでたっても買い物なんてできやしない!


こうなりゃ娘との我慢比べだと思い、人気の少ない売り場で、ベビーカーに娘を乗せてごろごろとあやし、泣き止むのを待ちましたが、10分たっても20分たっても、泣き声はいっこうに止む気配なし。それどころかますます興奮して泣き続ける娘を見て、その売り場の店員さんにも「○階にベビー休憩室のご用意がございますが」と当惑した表情をされたので、買い物の大半はあきらめすごすごと引き上げました(名誉のために付け加えておきますが、オムツも替えたばかり、授乳もしたばかりでした)。そして、帰ると決めてだっこした瞬間、勝った!と言わんばかりにドヤ顔で泣き止む娘・・・。


あまりの頑固さと現金さに、内心「もう嫌!!」と叫びたい気分でした。まあ、だっこひもを使えばいいのですが、この酷暑の中では体と体が密着する分汗だくになるし、娘の体重は成長曲線の上限ぎりぎりの9キロ超えということで、やっぱり本当はベビーカーにおとなしく乗って欲しいのが本音です。
[PR]
by yamagata_gifu | 2015-07-31 15:19 | 子育てのこと
<< 相手を思いやる気持ち 妊娠中はどうしても相手ができま... >>