ブログトップ

我が家の食卓

jf8a4ujlk.exblog.jp

妊娠中、胎児に悪影響があると避けていたこと

私は30代後半の主婦ですが、20代後半の時に二人の子供を出産しました。一人目を出産する前に、2度ほど流産の経験があったために妊娠中の生活にはかなり気を遣っており、その際に胎児に影響があるからということで避けていたことが4つあります。

一つ目はアルコールやタバコです。私は元々ビールやワインが大好きで主人と毎晩のように晩酌をしていました。しかし妊娠が分かったと同時にそれを一切辞めました。それでもビールを飲みたいという衝動に駆られた時には、炭酸飲料を代わりに飲んで我慢。またワインの代わりには100%のグレープジュースを飲んだりもしていました。タバコに関しては口寂しい時にたまに吸う程度でしたのですぐに止めることができましたが、受動喫煙もよくないと聞いていましたので、主人にもタバコは家の中や私がそばにいる際には吸わないよう協力してもらいました。

二つ目はコーヒーです。子供の頃からコーヒーというとブラックを飲むようなタイプの私でしたが、妊娠してからはコーヒーを飲む際にはミルクを入れるようにしたり、一日飲む頻度を2回までと制限をかけるようにしていました。ブラックコーヒーは胃に良くないといいますし、カフェインも多く含まれて胎児への影響が懸念されたため、コーヒーのかわりにハーブティーを飲むようにしたり、ノンカフェインの麦茶を飲むようにしたりと代替の飲み物で我慢するよう心掛けていました。

三つ目はファーストフードです。妊娠中の栄養は、直接胎児に影響するような気がして、それまでしょっちゅう好んで食べていたハンバーガーやポテトなどを控えるようにしました。それらの食べ物は脂質と炭水化物が多いと聞いていましたし、そういった偏った栄養の摂り方が胎児の成長に影響するのではないか?と不安になったためです。その代わりに以前はあまり意識して食べてこなかった野菜類を多く摂るようにしたり、出来合いのものではなく自分でできるだけ手作りするようにして食生活の習慣を整える努力を自然とするようになっていきました。

四つ目は健診前に限るのですが、糖分の多いフルーツは食べないようにしていました。健診では毎回採尿があるのですが、桃やパイナップルといった糖分の多く含むフルーツを食べるとすぐに尿内の糖の量に影響するので、尿検査に引っかからないためにも気を付けていました。

これら大きく分けて四つの制限を自らかけることで、健康的な妊娠生活を送っていたことを思い出します。おかげ様で無事二人の子供共に安産でした。
[PR]
by yamagata_gifu | 2016-06-15 10:49 | 妊娠中のこと
友人の温かい言葉と、温かいご飯... >>